20代半ば向けブログメディア【TOUCH THE HEART】

人生はエンターテイメント❤︎

「WHY」を聴き出したい時は、聴き方によってもらえる回答が全く違ってくる

f:id:mineohiroko:20170321171034j:plain

 

WHY(なぜ)の聴き方って難しいと思ったことはありませんか?

 

私は、プランナー時代に何度も難しいなぁと思ったことがあります。

「何でですか?」と聴くとすごく直接的だし、「どうしてそのように思われるようになったんですか?」と聴いても「どうしてって言われても・・・」というようなお客様の反応を何度も何度も見てきました。

 

日本人は、そもそも

WHY なぜ?

を考えることに慣れていません。

 

学校では、意見を求められる授業は少なく一方的にインプットする授業ばかりなので、自分の考えをアウトプットする機会が他国に比べると圧倒的に少ないんですよね。

 

皆さんも身に覚えはないでしょうか。

例えば、仕事でミスをした際に、上司から「何でそれしたの?」って言われて「何でって言われても・・・」って思ったこととか

「怒ってる・・・怖いなぁ。話したくないなぁ。」って思ったこととか。

 

私はこれを勝手にWHY攻めって呼んでるんですが笑、何か意見を否定されそうで言いたくなくなったり自分の言っていることが間違ってるのかな?って不安になったり。そんな経験をしたことはないでしょうか。

 

では、どういう聴き方をすれば相手が気持ち良く答えてくれるのか。ちゃんと、本音を言ってくれるのか。

 

それは、相手にしっかりと

あなたに興味があるから大好きだからもっと聴かせてほしいという意思表示をすることなんですね。

 

怒らなければいけない場面であっても、決して感情的にならずあくまでも冷静に。「あなたが好きでもっと良くなってほしいからどうしてなのか聴かせて欲しい」という気持ちが伝われば必ず本音を話してくれます。

 

例えば、「あなたを信じていて、もっと良くなって欲しいと思っているから何でそれをしたか聴いても良い?」とかね。

 

そうしないと、感情的に、しかもなぜ怒られているのかが分からないままWHY攻めをされると、だんだん、怒られていることから避けるために嘘をつくようになっちゃいます。そうなると本音が引き出せません。これってお互いにとってとっても非効率ですよね。

 

私もいつも、聴き方と言い方には気を付けようと思う次第です。