20代半ば向けブログメディア【TOUCH THE HEART】

人生はエンターテイメント❤︎

いつかくる未来のために、今の自分を犠牲にして本当に良いの?

久しぶりの更新になってしまいました。。反省。。


いつかくる未来
言い換えると、頑張れば訪れるかもしれない未来

f548867ec97aa59fb244a9d57422f1b4_s

私が前職の会社に就職した理由は、まさに上記の理由でした。
今すぐに歩みたい未来が手に入るというわけではないけれども、
何年か頑張っていればいつかその時が訪れるかもしれない、そう思っていました。
でも、いつかくる未来のためだけだとやはり頑張ることができず、結果退職をしています。

 

前職ではウェディングプランナーをしていたのですが、確かにプランナーという仕事は、就活をしていた時の私で言うと一番やってみたい職業でした。

それに、新卒で入社した会社は、まさに一目惚れをした会社で、
どうしても、どうしても入社したかった会社。

もうここしかない、と本気で思っていた会社です。
だから、内定が出た際には泣いて喜んだし、この上ない喜びを感じました。

少し、これまでの経緯を書かせていただきたいと思います。

転職検討されている方など、ぜひ参考にしてみてください。

 

社会人一年目で、いきなりの名古屋配属

正直、まさか配属先が名古屋になるだろうなんて、思ってもみなかったんですよw

前の会社は全国展開をしていたので、
これだけ全国に店舗があるんだから、せめて名古屋以外が良いなぁとさえ思っていました。
(名古屋在住の方、本当にごめんなさい…!)


配属先が知らされたのは、ちょうど卒業論文で忙しくしていた1月頃。
電話で知らされたのですが、その日も卒論作成に追われて大学が保有する梅田キャンパスで卒論を書いていた時でした。

人事マネージャーからの電話だったので、すぐに配属のお知らせだと悟り、
キャンパスをルンルンで出て電話に出ると…

配属先、どこだと思う?^^

やっぱり、神戸とかですか?♪ それとも、福岡ですかね〜♪︎

・・・名古屋です^^

えええええええええ!?!?(まあじでえええええええ)︎


まさかの・・・、名古屋。かなりの衝撃でした。正直萎えました。汗
人脈もない、知り合いも友達も本当に誰もいない。

就活をしていた時に、同じく前の会社が第一希望だった就活仲間と、
名古屋の店舗を見てみたいねっていう話になって一度だけ名古屋に足を運んだくらい。
全く馴染みのない場所でした。

しかも、配属をされた店舗は、これまで新入社員が配属されたことは一度もなく、
三年目以降かベテラン社員しか居ないという店舗。
そして全店舗の中で、唯一毎年予算を達成している勝ち店舗。
そんな店舗に同期0の一人で配属されました。

ある意味厳しい環境で、速いスピードで成長できる店舗に配属させてもらえたと感謝していますが、
とにかくそんな状況だったわけですので、精神的にはだいぶやられてしまいました。

幸せって何なんだろうと考え続ける日々

まあそんな中ですから、仕事はハードだし休日があったとしても遊び相手も居ない。孤独。
一人暮らしだから家に帰ったとしても話し相手が居ない。
同じ名古屋エリアに同期は居るけれども、同じ店舗ではない。

だから基本、孤独でした。
私自身も新しい友人を作ろうと努力したり、
職場の先輩ともっと親睦を深めようと努力したら良かったのですが、
そんな精神的余裕もなく、とにかく心の余裕がありませんでした。

寂しくて、毎月地元の大阪に帰阪していましたw

大阪に帰る度に思っていたんです。
「大阪に居るだけでこんなにも幸せなのに、名古屋に居る意味ってあるのかな?」

総合職だったので、今の仕事を続けていくと大阪や関西に戻ってこれる保証は一つもありませんでした。
でも当時は、自分の将来の出世のためなら全国転勤でも頑張れる、と思っていたのです。

確かに、全国飛び回ったりしていても、仕事をしている時が一番幸せだから
全然苦にならないと思われる方もいらっしゃるとは思います。

ただ、私にとっての幸せは、
好きな人や大切な人と一緒に側に居て、幸せを共有することだったんだと
社会人二年目になって初めて気付かされました。
だから名古屋での生活が苦しかったんだと思います。
好きな人や大切な人が側に居ないので。

もし関西圏に配属されていたら、また違った未来を歩んでいたかもしれません。

おわりに

確かに、人生の中で、『修行』の時間は必要なのかもしれない。
ただ、自分にとっての幸せを ” おあずけ ” してまで頑張る必要はないと私は思います。

もちろん、このことだけが退職の理由ではないのですが、
退職を考えるきっかけとなったのは紛れもありません。 

常に人生の瞬間瞬間で、幸せだと思える人生にしたいなぁと思います。