20代半ば向けブログメディア【TOUCH THE HEART】

人生はエンターテイメント❤︎

色々とおかしいと思う日本の常識


なぜ日本人は、一般的に常識や世間の目を気にする人が多いのでしょう。

カナダに4か月ほど留学した際に、日本人と外国人の違いについて非常に衝撃を受けました。
特に私はホームステイをしていたので、生活や価値観の違いによく触れる機会に恵まれました。
その経験も含め、私が思う不可解な日本の常識について挙げてみたいと思います。

715e4fd42814bd4b461d94527b9fd4bc_s

 

スポンサードリンク

 

 

 

新卒一斉採用

 

みんな同じ黒スーツ、黒髪、トレンチコート。あれ、何ですか?何の意味があるんですか?
「みんな同じ見た目にした方が、逆に輝いている人を見つけやすい」という意見もありますが、
あんなことして楽しいですか?日本の就活は本当に狂っていると思います。
私はどうしてもあれが嫌で、スーツで面接に行かないといけないような会社は
そもそも合わないと思っていたので、そのような会社には面接に行きませんでした。
新卒の就活こそが、まさに今の日本を表していると思います。 

トガった人が居ると扱いが面倒くさいから生産性上げるためにルールに従ってほしい。
出る釘は打たれる。


これ、典型的な日本企業の考えを表しているんじゃないかと思います。
もちろん協調性などは必要だとは思うのですが、
"多様性を受け入れる"という風潮は海外に比べるとまだまだなのではないかと。 
それが、日本人が外国人に比べると圧倒的に秀でていることが見受けられない現状を作り出している原因。 

一斉採用も普通に考えたらおかしいですよね。
人にはタイミングがあるわけで。就活を始める時期だって人によって違って当たり前だし、
就職する時期だって別に4月でなくても良いじゃないですか。
新卒一斉採用という縛りは今すぐ無くした方が良いと思いますね。
学生時代という一番自由な時期に、就活や就職の時期を縛ってどうする。
入社日の一年前なんかに内定を出して、内定者を囲い込んだりするから
入社後のミスマッチが起きるんですよ。
だって、一年もあったら考えや気持ちも変わって当然じゃないですか。
内定辞退が起きることだって当然あるわけで、お互いにとって不効率ですよね。
今でこそ一斉採用をなくしている企業が増えてはきましたが、まだまだ新卒一斉採用は根強い。
もうこれは、マイ○ビやリク○ビがある限り防げないのでしょうか・・・。

 

勤勉=美徳

 

これは何も、働きすぎがダメだということを言っているのではありません。
働くことが幸せな方もいらっしゃるので、それはそれでその方の幸せなので。
人生のステージによって、思いっきり働きたい時期とかって人によってあると思うので。
そうではなく、勤勉=美徳という暗黙の社会の風潮がおかしいと思います。
長時間働くことが良しとされているこの世の中が。
別に、長時間働かなくても短時間で成果を出すことだってできるわけで、
逆に長時間働いているからって成果が出ていなければそれは単に仕事の効率が悪いということですよね。
そこも、日本と海外の大きな違いだと思います。

 

良くも悪くも、いい人すぎ

 

ベストセラーの書籍を元にした2017年1月スタートのドラマ『嫌われる勇気』をご覧になったことはありますか?
主役の庵堂蘭子のような生き方がもっと日本でも提唱されるべきだと私は思います。

自分の意志を押し殺して他人に合わせなさい、という日本のおかしな風潮。
これが日本の間違った教育だと思います。
確かに、自分の我を通すというのはまた違ってくると思いますが、
自分にしかない意志は絶対に大切にするべきだし、育んでいくべき。
人と違った意志を持っていたら、"変わっている"とみなされてしまう。
せっかく一人ひとり違う人間なのに、他人の目を気にして自分を変えたらもったいない。
もっと多様性を受け入れる文化が浸透したら、日本はもっと良くなると思います。 

あと、自分の意見を犠牲にして押し殺してまで他人に良くする、という美徳。
これも絶対に間違っている。
部活などでよく見られる縦社会などが典型的な例です。
よく日本は『おもてなし』が良い文化だ、とされていますが、
確かに日本にしかない良いところだとは思うので大切にしつつ、
かといって自分を犠牲にしてまですることではない。嫌だったら嫌だとはっきり言っても良い。
そんな風潮が当たり前にあるべきだと切に思います。

 

 

おわりに

 

私が海外で生活した時に一番感じた日本との違いは、"こころの豊かさ"でした。
海外の人たちは、本当に幸福でこころが豊かなんです。いつも幸せそう。
私が留学していた際のホストマザーは、毎朝必ず挨拶をしてくれるのですが、
「Hi, Hiroko. Good Morning♪」と満面の笑みで言ってくれるのが
朝から本当に気持ち良くて気持ち良くて。ホストマザーの挨拶が大好きでした。

カフェに行っても、店員さんはすごく楽しんで働いている。
日本のカフェに行くと、いつも時間に追われている感じがして忙しいからか
何か店員さんとのコミュニケーションが気持ち良くないなぁと思うことってありませんか?
海外だと驚くほどそれがない。みんな楽しんでいる。コミュニケーションがとっても気持ち良い。
「Have a nice day! (良い日になりますように!)」って気持ち良く見送ってくれる。
知らない人同士だけれども、何だかとっても嬉しい気持ちになる。 


日本はこんなにも経済大国で不自由はほとんど感じられない環境なのに、
国連が発表した『2016年 世界幸福度リポート』によると
幸福度が全世界で 53位 /157位 という結果が出ています。
貧困差が激しいアメリカでも、13位と上位に位置しています。 

幸福度が低い原因として挙げられている一つが、『人生の選択における、自由度の低さ』だそうです。
先程の新卒一斉採用しかり、勤務時間しかり、"あるがままの自分"を受け入れてもらえ難い風潮がある。
それが日本の幸福度に影響しているのではないかと、私は思います。

もっと生きやすい日本にならないかと、願うばかりです。 

 

スポンサードリンク