20代半ば向けブログメディア【TOUCH THE HEART】

人生はエンターテイメント❤︎

【プレ花嫁必見】結婚式の会場が決められない!式場選びで後悔する人の特徴18選

f:id:mineohiroko:20170430152455j:plain

こんにちは、元ウェディングプランナーでブロガーの峯尾ひろこです。

 

この記事に辿り着いたあなたは、

「自分にあった結婚式場を見つけたいけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない…」

こんな悩みを抱えていませんか?

 

私が新卒で入社した会社は、ブライダル業界で一番人気の式場を多数全国に持つ会社でした。

 

そんな式場で働いていると人気会場なだけあって、会場見学にいらっしゃるご新郎新婦様と毎月10組様ほどお会いし、年間120組様の新郎新婦様にご接客をさせていただいてました。

 

それだけ沢山のお客様にお会いしていると、「式場選びに失敗しそうだな・・」とプランナーが思ってしまうお客様が分かってくるんです。

ご接客してご成約に至らなかったお客様には必ずフォローのお電話やメールを入れるのですが、「やっぱりまだ式場決めれてないんだ・・」というお客様がいらっしゃいます。

 

ゼクシィの情報はあまりにも模範的ですし、かといってお客様の立場からするとプランナーの言っていることを全て鵜呑みにするのは難しいと思うんです。プランナーが自社の式場で成約して欲しいからそう言っているんじゃないの?って思ってしまうこともあると思うので。

 

だからこそ今回はフラットな中立的な立場で、元プランナーの視点から式場選びで後悔する人の特徴をまとめてみました。

 

これを見て半分でも当てはまっている方だったら、この記事を参考にどこの式場が自分たちに合っているのかを考え直していただいた方が良いと思います。もしくは、本当に心から信頼できるプランナーをしている友人などを探すか、中立な立場から判断してもらえるエージェントに頼んだ方が良いかもしれません。

 

結婚式は、一生に一度の大切な日。後悔しない一日にするためのスタートとして、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

ゼクシィ 式場予約

 

 

見学件数が多過ぎ

 

何でもかんでも式場見学をしたら良いというわけではありません。

 

比較して決めないといけないと思いすぎていて何件も式場を廻る新郎新婦様が多いのですが、比較をしてから決めないと後悔するという考えは世の中の固定概念です。

 

1件しか見学に行っていなくても、決断力があって判断力がある人はその場で即決する人も居ます。

1件しか見ていなくても、ドンピシャだと思える会場が見つかったらその時に契約してしまった方が良いこともあります。

 

なぜなら、他も見ると選択肢が増えてしまい、必ず迷ってしまうからです。

 

どの式場も良いところと悪いところ両者ともに持ち合わせていて、どの式場も一つとして同じ式場はありません。

だとすると、迷ってしまうのは当然のことなのです。なぜなら全て違って全て良いと思ってしまうから。

 

決して、比較するために何件か見学に行くことが悪いことなのではありません。

ただ少なくとも、判断がしにくくなるということは間違いないでしょう。

せめて比較検討したいと思うのであれば、2件までに抑えた方が適切な判断ができると思います。

 

ちなみに、「こういう会場見学も今の時にしか行けないから」とおっしゃる方も居たのですが、

1会場につき3時間くらいかかる会場見学がそんなにしたいですか?

(まずエントリーシートを書いて、プランナーからヒアリングされて、会場のショールームを受けて、日程のヒアリングやら試食があって、見積もり説明があって・・・とざっと3時間以上。)

 

せっかくの二人の時間、もっと有意義に使いましょう。

 

ゼクシィの情報を鵜呑みにし過ぎ

 

ゼクシィが結婚式にまつわることの全てだと思っていませんか?

 

確かに、結婚式の情報が上手くまとめられた良くできた情報誌だとは思います。

会場も沢山掲載していて探しやすい。

 

ですが、気をつけていただきたいのは会場見学についての情報です。

チェックリストノートが付いていたり、会場見学のポイントなどが書かれていますが、それ、本当に全部鵜呑みにすると大変危険です

 

だって全国の花嫁向けに書かれた情報ですよ?

要は、全ての人に当てはまるように書かれた情報なわけですよ?

 

人から与えられたチェックリストではなくて、自分の中で見つけ出したチェックリストで判断した方が良いでしょう。

 

ただ、ゼクシィは会場掲載数がかなり多い日本最大級の結婚情報サイトなので上手に利用する分には良いかと思います。

かなり情報量が多い媒体なので、一冊持っておくと安心かもしれません。

 

 

やみくもに情報を集め過ぎている

 

情報を色々と集めすぎてしまって、頭でっかちになってしまっている方がいらっしゃいます。

変に情報を集めてしまい分かったつもりになっていませんか?

 

情報は確かに多い方が良いかもしれません。でも、ちゃんと良質な情報かどうかはしっかりと見極める必要があります。

 

ゼクシィの写真だけで判断してしまっている

 

ゼクシィに掲載されている式場写真は、ほとんど素敵な写真ばかりです。

 

もちろんです。だってあの掲載する写真を撮るために、写真撮影に100万円以上はかけて大掛かりで撮影しているわけですから。

 

しかも、プロの手にかかればレタッチなんかは簡単なことなので、電柱やら何やら見せたくないものに関しては全部消しちゃってます。

色彩も変えて素敵に見えるようにどこの会場も必死です。

 

ゼクシィの写真をそのまま鵜呑みにしてしまうと、見学に行った際にガッカリするかもそれません。

 

ちゃんとした本当の生の写真を見たいのであれば、Instagramの#ハッシュタグで写真を見たり、口コミサイトの写真を見た方が良いでしょう。リアルな写真が見れます。

 

また、結婚情報サイトの挙式実例を見るのもおすすめ!

特に、Hanayumeは他の結婚情報サイトと違って、情報がシンプルにまとまっていてサイトが分かりやすく画像が見やすいのでおすすめです。

 

 

いまだと先着1000組までブライダルフェアの予約・見学をすると3万円分の商品券がもらえます。

5月までの期間限定ですが、先着順なので気になる方はお早めに!

 

 

 

ソフト面よりハード面を重視している

 

ソフト面は、変えられること(どんな結婚式がそこでできるのか、お料理、スタッフなど)。

ハード面は、変えられないこと(施設、立地など)。

 

ハード面ももちろん写真に残ることだったり、立地で言うとゲストの負担などに関わってくるので確かに大切なことです。

 

でもそれ以上に大切なのは、やっぱりソフト面です。

恋愛と一緒ですね。外見も大事だけど、やっぱり内面も大事。

 

ご招待されるゲストの立場になると、ハード面って実はそこまで記憶に残っていません。 

それよりも、「どんな結婚式で、二人とどんな時間を過ごせたのか」とか「お料理が美味しかった」とか、ソフト面の方が鮮明に記憶に残ります

 

駅から遠かったとか、式場が狭かったとか、どんなチャペルでどんな会場だったか、は正直そこまでゲストの印象には残らないのです。

それよりもやっぱりソフト面。どんな思い出になったかという方が10年後、20年後と考えるとお二人にとっても大切なのではないでしょうか。

 

相談相手が間違っている

 

多くのご新郎新婦様は、結婚式場を選ぶ際に親御様にご相談されます。

 

でも、よく考えてみてください。

 

親御様の年代の頃の結婚式と、今の結婚式ってずいぶんと変わってきていると思いませんか?じゃあ、結婚式場の選び方も違って当然だと思いませんか?

 

だから、親御様にどこの式場にしようかご相談されたとしても、親御様からすると親御様の時の結婚式のイメージや価値観からアドバイスされるわけで、そもそも今のウェディング業界の流行りや特徴を知らない親御様がほとんど。

 

それに、会場見学時に親御様にご相談してから決めたいとおっしゃられる方がおられましたが、実際に見学に行っているのはご新郎新婦お二人なわけで親御様は実際に式場は見てませんよね?

 

そうすると、親御様は紙面だけの情報とお見積もりだけでの判断になるわけです。

それだけの情報量から結婚式場どこが良いと思う?って親御様にご相談するのはそもそもナンセンスだということがお分かりいただけるかと思います。

 

結婚式は親御様のためのものではなく、ご新郎新婦お二人のためにするものです。

親御様のためももちろんあるかとは思いますが、あくまでも式場を決めるのは親御様ではなく新郎新婦お二人で決めることですよね、成人なので。

 

変に親御様のご意見を聞いてしまうと、親御様のご意見に引っ張られてしまって本来本当に自分たちがやりたい結婚式ができる式場ではないところで決定してしまう恐れがあります。

 

せめて、結婚式を既に経験されている人か、式場側と新郎新婦様側の仲介役であるブライダルエージェントに相談しましょう。

 

マイナビウェディング

 

マイナビウェディングなどのブライダルエージェントは、式場専属のプランナーではないので一番新郎新婦様の立場に近く、お二人の理想のイメージをお伺いして合いそうな式場をプロの目線からピックアップしてくれます。

 

それぞれの式場で実際にご成約されたお客様がどのような特徴やイメージをお持ちかというのも分かっている分、様々なご提案をしてくれます。

 

「いきなり会場見学に行くのは不安・・。」という方はぜひご相談されてみてください。無料で相談ができます。

 

 

 

人の意見を聞かない

 

ご接客した120組様のうち、1・2組様くらいの割合でいらっしゃいました。

自分たちの考えが絶対的に正しいと信じて疑わない方。

 

過度に自分の考えに自信があって頑固な方がいらっしゃいます。

それはそれで後悔しないのかもしれませんが、もし他の人の意見も聞いていたらもっと違った選択ができたのかもしれないのです。

 

全ての意見を受け入れるのは違うと思いますが、他の人の意見も「ふ〜ん。そうなんだ。」くらいで受け入れるようにしてみると違うモノの見方ができるかもしれません。

 

意見がブレやすい

 

今度は上記と真逆になりますが、考えがブレやすい方がいらっしゃいます。

まあいわゆるミーハーです。(私もそうです汗)

 

様々な式場で色々な話を聞きすぎて、最初はガーデンのある式場が良いと思っていたのに、海が近い式場に見学に行くと、「海も良いかも・・」となってしまう方。

 

初めに「軸」を考えてから見学をしましょうとお伝えしたのはそういうことからです。

 

全く人の意見を聞かないというのも違うと思いますが、かといって毎回見学に行った式場のプランナーに言われたことにすぐ「素敵!」と反応したり周りの人の意見に左右されていると、本来の自分の意思とはどんどんズレていってしまいます

 

意見を聞くことは大切ですが、「ブレているかも・・」と気付いたら原点に立ち返って考えてみてください。

 

一番大切にしていた譲れない軸は何ですか?

 

結婚式のイメージが曖昧

 

どのような結婚式にしたいですか?

 

最初からかなり具体的なイメージをお持ちの方は少ないですが、イメージが曖昧すぎるとそもそも選ぶことが難しいです

 

せめて、これだけは譲れない軸というのを二人で考えてみましょう。

例えば料理が美味しいところ、とかアットホームな雰囲気のところ、など。

 

特に、結婚式でどのような一日にしたいか・どのような過ごし方をしたいかというところまで考えられているとミスマッチは少なくなります。

 

式場は、数ある会場の中から選ぶのではなく、ご自身のイメージから合う会場を探すのがベストです。

そのためには「軸」が大切になります。

 

そんなぼんやりとしたイメージを具現化するのにとっても役立つノートがあるんです!

 

株式会社Plan・Do・Seeで元々プランナーをされており、現在はお洒落な花嫁さんに大人気のフリープランナーとしてご活躍されている大先輩の黒沢祐子さん監修結婚式準備ノート

 

書き込み欄を埋めていくうちに、「こんな結婚式にしたい」というイメージが具現化されていくというもの。

コンセプト決めから予算管理までこれ一冊で網羅できちゃいます。

 

カラーも結婚式で取り入れると幸せになると言われているサムシングブルー

気になる方はぜひ!

 

 

 

お互いに譲り合わずどちらかが我慢している

 

たまにいらっしゃるんです。結婚前or入籍済みのお二人なのに、お互いに言いたいことを言えていないというご関係性の方が。

 

プランナーからすると見ていてとてももどかしかったりするのですが、例えば実は新婦はこの式場が良いと思っているけれどどうやら新郎が別の式場の方が気に入っていそうだから我慢して新郎に合わせる、とか。

 

新郎が我慢しすぎるのはよくないとは思いますが、やっぱり何だかんだいっても結婚式は新婦の方が沢山の憧れや理想を持っています

 

新郎が上手くスムーズに新婦を導いてあげたり譲ってあげた方が上手くいくことが多いでしょう。

 

優柔不断

 

言うまでもありませんね。

決断というのは、「決めて断つ」ということです。つまり、何かを捨てなければいけません。

 

式場選びで言うと、他の選択肢を捨てる。これができない人が非常に多いのです。

これができないといつまで経っても式場を決められないですよ。

 

一番初めに会場見学にいらっしゃってから一年経ってもまだ式場が決まっていない新郎新婦様もいらっしゃいました。

いつになったら結婚式するんですか?

 

日取りを気にし過ぎ

 

大安が良い・先勝だから午前中の時間帯が良いとか、記念日でかつ週末の休みの時が良い、とか・・。

記念日にこだわりたいという意見はまだ分かりますよ。でもお日柄や、ゴロを気にする方。

 

お日柄ってそんなに大事ですか?

 

想像してみてください。

あなたは結婚式の招待状が届いた時に、いちいちカレンダーで「◯◯くん(ちゃん)の結婚式のお日柄は◯◯だな」とか確認しますか?しないですよね。

 

それにいきなり結婚式の時だけ初めてお日柄を気にするのっておかしくないですか?これまでの人生でも結婚式と同じくらい大切な何かがある日ってあったと思います。

その時お日柄気にしたことありましたか?

 

試食で正しい判断ができていない

 

正直、試食で出てくるお料理は当日用意されるお料理と必ずしも一緒ではありません

 

結婚式のお料理には何種類かコースが用意されています。10,000円前後のコースから20,000円前後のコースまで結構幅広いです。

そうすると、試食で出されているお料理がいくつかあるコースの中でも最上級に近いコースのものを用意されているということが安易に想像できると思います。

 

別に、お料理には一番お金をかけたいから最上級のコースで構わない、という方であれば問題ありません。でも、そうでないのであれば試食で食べたお料理はあくまでもこの式場が最大限に頑張って作ったお料理だということを忘れないようにしましょう。

高い食材を使っていたら美味しいお料理になるのは当たり前です。

 

大切なのは、高い食材でなく普通の食材であっても、どれだけ美味しいお料理を提供できる会場なのか、ですよね。

その点、やっぱりレストランウェディングはお料理が美味しいことが多いです。

 

見積もりが安ければ良いと思っている

 

この考えの方本当に多いのですが、一生に一度しかない大切な人たちが一同に集まる一日を、本当に金額で決めるのですか?

 

100万円違うと迷っても仕方がないと思います。ただ、何十万かくらいであれば10年、20年と長い人生で考えると一生に一度の日にかける金額としてはそんなに高くないと思うんです。

 

それに見積もりが他の会場よりも安いということは、価格を抑えている分どこかで必ず落ち目があるはずです。

例えば、会場のメンテナンス費を削っている、とかお料理の食材をほとんど外国産で揃えて味付けで誤魔化しているとか。

 

安いのには、安いなりの理由が必ずあります。金額だけで惑わされないようにしましょう。

 

それでも費用をどうしても抑えたいという場合もあるかと思います。

 

そんな時におすすめなのが、得ナビウェディング

 

 

  

「結婚式の質は下げたくないけどお得に挙げたい・・」という方に、お得な日を選ぶと最大半額になるという挙式日から探すという新しいスタイルのサービス!

 

ブライダル業界大手のエスクリが運営しているので、安心ですね!

 

5月31日までの限定で、ブライダルフェアにカップルで参加の場合、

一休.comで使える10,000円分のクーポンがプレゼントだそうです。

 

また、得ナビウェディングではタクシーでまとめて会場を見学できるブライダルツアーも実施しています。

ブライダルツアーは得ナビだけなので、「会場見学に行きたいけどいろいろ廻るのは疲れそう・・」という方はブライダルツアーがおすすめです。

 

 

 

理想を求め過ぎている

 

どの花嫁も結婚式には大きな理想を思い描いているものです。それで当たり前だと思います。

しかし、100%全てが希望通りにいくことはほとんど有り得ません。

 

なので、結婚式場も必ずどこかBADポイントがあって100%ではないのです。

 

それでもなぜ式場が決まるかというと、そのBADポイントも気にならないくらいGOODポイントが上回るから。

 

一番初めに数多くの結婚式場を見学することは危険だとお伝えしましたが、なぜ危険なのかというと

会場を見学すればするほど「(仮想の)100%理想の会場」を探し求めてしまうからなのです。イメージがどんどん膨らみすぎてしまって収拾がつかなくなってしまうのです。

 

人間は欲深い生き物です。「もっと良いところがあるんじゃないか・・」という欲がどんどん出てくるとあまり現実的ではありません。

結局100%理想の式場はないのに探し求め続けた結果、何ヶ月も経っているのに式場が決まっていないということになるのです。

 

自分の意見を言えない

 

カップルの間でも結構こういったことがあって、なかなか新郎に本当の意見を言うことができず、でも新郎は想いを汲み取ってくれない・・と泣いてしまう新婦様など。

 

意見を言わないと何を考えているかはなかなか分かりません。

 

お互いの理想を擦り合せるためにも、会場見学中などでもプランナーの前だからとか気にせずにどんどん意見を出し合いましょう。

そこはプロのプランナーがまとめてくれるはずです。

 

皆と一緒の選択に安心してしまう

 

皆さんは、結婚式をするならどの時間帯が良いですか?

恐らく8割くらいの方が「日中」と答える方が多いでしょう。

 

でも、ナイトウェディングの魅力、ご存知ですか?

 

結婚式=日中というイメージがまだまだ強いのですが、お客様になぜ日中が良いのか聞いてみると、「結婚式ってお昼にするイメージだから」とか「みんなそうだから」という意見が意外にも多いんですよね。

 

でも、ナイトウェディングの魅力を知らないのは本当に勿体ない!!

 

ナイトウェディングってこーんなに素敵なんです♡

 

 

#lights #lightsatnight #nightwedding #outdoorwedding #weddingatnight #reception

@weddings_n_cakesがシェアした投稿 -

 

キャンドルや電飾の灯りがとっても素敵♡

 

それに、ナイトウェディングは一番お食事が進むお時間帯で、その後の予定を気にせずお酒も沢山飲めるのが夜の結婚式!

一番美味しく婚礼料理を味わえるのがナイトウェディングなんです。

 

しかも、ほとんどの式場がナイトウェディングならではの特典をつけているところも多いので、ぜひチェックしてみてください。

 

頭で考えすぎる

 

最後に、やっぱり会場選びに限らず何かを決断する際に大切なのは、

「直感」です。

いくら条件面などを頭で考えて会場を選ぼうとしても、感情がついてきていないと決められないものです。

 

逆に、感情が高ぶって勢いのまま契約する、ということがあるのが直感なのです。

 

最後まで、どの会場が良いか分からない・・と悩んだ時には、最終的には直感で決めてしまいましょう。人生は直感が9割だと言われています。

 

これまでご自身の経験で培われてきた直感力を最終的には信じてあげましょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、式場選びで失敗する人の特徴を18個ご紹介させていただきましたが、いくつくらい当てはまりましたでしょうか?

 

結婚式は、本当に素敵なパワーを持っている人生の中で特別な一日です。

 

何年後かに、その特別な日のことを振り返って「違う式場にしていれば・・」と後悔しないためにも、これまでご紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね!

 

Only Oneの会場が見つかりますように。

 

スポンサードリンク

ゼクシィ 式場予約